30代×エッセイ

知ってた?一年が早く過ぎたと感じるのには法則があった!!

こんにちは、minです。

昨日は私の目標を自己満ながらに発表いたしました。

誰かに表明することで意思を固く持とうという意味もあるのですが、今年の自分はどうありたいのか考えるだけで行動したくなるんだよね。単純。

 

年末になると、毎年お決まりのように「今年特に早かったわ!」って驚いている気がしますが。そうですね、去年も言ってましたね。

年齢を重ねるとどんどん時間の経過が早く感じるとよく聞きますが、なんと心理学的にも証明されている法則がありました。

ジャネーの法則

ジャネーの法則は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則です。

主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

(引用元)ジャネーの法則 – Wikipedia

wikiさんの説明難しいけど…。

要約すると、年齢を重ねるとどんどん時間の経過が早く感じる現象のこと。

もう少し噛み砕いてみましょう〜。

50歳の1年と5歳児の1年、何が違う?

wikiさんの説明に沿って50歳と5歳児の時間の感じ方について比較してみましょう。

  • 50歳の人は50年分の記憶と経験があり、その内の1年はたった50分の1でしかない。
  • 5歳児には5年分の記憶と経験しかなく、その内の1年は5分の1と大きい。

同じ1年でも、今まで生きてきた年数によって1年の長さの比率が小さくなっていく。だから年齢を重ねるにつれ、どんどん時間が早く感じるのですね。

20歳で人生の半分を終える事実

年齢によって、感じる1年の長さが違うのはなんとなくわかりました。

10歳の人が感じる1年は、30歳の3年。50歳の5年。80歳の8年になります。

ジャネーの法則はそれだけじゃなくて、およそ20歳から80歳までを過ごす年月は、0歳から20歳を過ごした時の体感時間と同じということになるそうです。

つまり、人は体感的に20歳を過ぎると平均寿命までの残りの60年も同じ20年分の速さに感じるということ。

難しい計算をすると、平均寿命80年を基準にして20歳の頃はすでに人生の70%近くになるそうです。

その計算で今の私35歳が80年まで生きると過程して、今は人生の何割生きたか計算すると、、。

80%!!!!!

ひぇ〜〜〜〜〜!!!!!!!成人式が懐かしいとか微笑んでる場合じゃないよあんた!!平均寿命まであと45年まであると思いきや、体感では20%なんて。。。驚愕過ぎる。

これからの人生、1秒も無駄にしないために

私の人生、あと20%…チーン。

でもね、年をとるたび1年が速く感じるのは法則的に仕方がないしさ!

感じる時間は人それぞれでも、流れる時間は平等だしさ!!

それなら、残りの人生を有意義に過ごすよう工夫すれば良いんじゃないかな!!!

そのためには色んなことにどんどん挑戦していかないとね。