暮らし

【断捨離】ただモノを捨て、減らすことだけが目的ではない

 

こんにちは、たかみです。

シンプルに生きるために、まずは身の回りをシンプルにしたい。

でもどうやって?

ただモノを捨てて部屋を片付けたらいいの?

う〜ん、それだけなら私も汚部屋に住んではいないはず。

そこで汚部屋脱出の決意も込めて、断捨離について調べてみました。

断捨離とは

断捨離はモノへの執着を捨て不要なモノを減らすことで、生活の質の向上・心の平穏・運気向上などを目的とする。発案者はやましたひでこさん。
(wikipediaより抜粋)

 

そもそもはヨガの「断行・捨行・離行」から生まれた言葉で、断捨離があらわす意味はこちら。

  • 「断」・・・入ってくる要らないモノを断つこと
  • 「捨」・・・家にあるガラクタを捨てること
  • 「離」・・・モノへの執着から離れること

断捨離をして初めて、自分に本当に必要なものを見直すことができるのですね。

ただモノを減らすだけで終わりではなく、そこから得られる心地よさや安らぎを得るために断捨離という作法があるようです。

今すぐできること

モノを減らすためにはモノを増やさないことが前提。

捨てても捨てても買ってしまうのでは、何がしたいのかわかりませんね。

私がモノを買ってしまうのは、正常な思考ができない夜勤明け。

もう一つは京都や大阪など都会に出た時に、何も買わずに帰るなんてもったいない!ってよくわからない田舎者精神がひょっこりはんした時です。

京都も大阪も逃げないのにね!!

そんな理由で買うものなんて、袋に入れっぱなしだとかなんで買ってしまったのか疑問に思うような妥協のかたまり。

今すぐできることは、無駄な買い物をしないこと。そして家にある紙類や古い雑誌を捨てていこう。

まとめ

10月からは市が指定するゴミ袋(値段も高い)になるので、その頃までに不要なものを減らしていきます。

もちろんモノを減らすだけではなく、シンプルで身軽になって初めて感じられる感情を味わってみたい。

断捨離、楽しくやっていきます。